伊勢原の自然と環境を守る会(ニュース)

iseharak.exblog.jp
ブログトップ

2006年 05月 12日 ( 1 )


2006年 05月 12日

環境保全型農法研究班(仮称)発足・メンバー募集!!

 5月11日、地権者の同意を得て、日向地区に8畝(8アール)の休耕田を耕作できることになりました。援農という形ですが、内容については任されています。いままで除草剤で処理されていた土地の雑草を違う方法で処理するだけでも環境保全といえますが、初年度は、あえて津久井在来大豆の無農薬栽培という難題に取り組みます。
 
 そのための方法の検討は進めてあり、サラリーマンや現役世代の方が家族ぐるみでも気軽に参加できるような楽農を目指しています。基本的に土、日、祝日を活動日とし、その中でできることを模索します。耕作にあたっては、日向川沿いの環境であることも考慮して、整備計画を立てていきます。

 農作業未経験者が参加することを前提に、大豆の特性や、現場の地理的条件の検討から行い、じっくりと継続できる活動にしていきたいと考えております。現場は古き良き伊勢原の原風景の残るところです。参加を考えられる方、ぜひ、一声お声をおかけください。参加のしかたについてもあくまでも臨機応変に対応したいと考えております。 

 農作業に関心のある方、関心があっても全く初めての方、充分な時間がとれるか自信の無い方、どなたでも参加が可能です。

>>HPトップ
Eメール:team-eyes@tba.t-com.ne.jp
 
 
 
[PR]

by iseharakankyou | 2006-05-12 00:46 | ニュース